追突 事故車 査定|今後も良質な中古車が

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

今回売却したクルマも国産車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時にはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、買いと売りがバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

追突 事故車 査定|自宅から少し離れた町の

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。ところが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放したくなりました。まずは近隣の車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売却することになっていたかもと思えば助かりました。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く考えではなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.