車 個人売買 自賠責|査定見積もりをお願いしたところ

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。単純計算では、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円で買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。それでも44万減った事実に違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ることになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような準備をしていませんでした。ですので、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

車 個人売買 自賠責|ボディの色は濃い目だったのですが

前に使っていた自動車は、ボンネットが白い感じがしました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響してやけにボロ車に感じてしまいます。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定額に影響を与えるという事を聞きました。ショップに行ってボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、手軽に艶が出るような商品を見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。親父からは新しく車を買ったのかと言わせるほどです。

もう一回査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く評価されました。無論色についても何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、それまでよりもより一層つややかにする事が出来たのが良かったようです。自動車の買い取りを利用する前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどを利用して綺麗にすると相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップとつややかにするためのグッズ代と手間を計算してみて、お得と感じたらやってみましょう。1000円程度のワックスで、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.