車 個人売買 流れ|68万円という金額を提示されました

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車 個人売買 流れ|思いよりも高く評価されたので良かったです

これまで乗っていたクルマは、ボンネットが白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロボロな車に見えていました。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットの白さが査定金額に影響すると聞きました。

カー用品があるお店に行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。さっそく気になるところをやってみたところ、驚くほどキレイになりました。親父からは買い替えたのかと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための査定をしてもらったところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白くなってしまっていたところも前の色に戻すこともできたし、今まで以上にキレイな感じにすることができたのが何よりよかったです。

自動車の買い取りを利用する前には、できるだけボディを綺麗にしておきたいですね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額のアップと艶出しの為のグッズ代と手間を良く比較してみて、オトクになるようであればやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.