車 個人売買 契約書|前に車買い取りを依頼したこともある

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

ところが、乗って楽しかったのは少々、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。試しに自宅の近くにある自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。単純に計算すると、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。その結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売却するはめになった可能性があったのですからまだ助かったと言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送代を取られてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

車 個人売買 契約書|なりそうでしたこれまでもディーラーの下取りしか

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、車買い取り業者と比較しても15万円位安い見積もりになりそうでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りは止めることにして、買い取り専門業者に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書いてあったと思います。

複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判ります。ネット上で判る査定額は、参考にはなりますが詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来ていただきました。査定の時間は1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定を受けることにしました。目視での査定の結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してきました。ネットでは70万を切った価格でしたが、それ以上の業者が存在することを知らせると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.