車 個人売買 名義変更|そのまま買い取ってもらう

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

ところが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、半年少々で売却することにしました。まずは近隣の中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

このクルマを私は6カ月前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く手放すことになっていたかもしれないのですから助かりました。そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと思い直しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

車 個人売買 名義変更|ボンネットの色を

前に乗っていたのは、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいオンボロ車のように見えていました。クルマを洗ってみましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定価格に影響すると聞きました。

カー用品があるお店に行ってボンネットの色を戻せるものはないかなと探していたら、艶を出すことができる商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、とても綺麗になりました。友人にはいくらかかったと聞かれたほどです。

再び買い取りのための出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。古い車だったのでどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては問題なかった様子でした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、これまでよりもそれ以上につややかにする事ができたのが何よりよかったです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディの艶がないときなどは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額がアップすることと艶を出すためのアイテムの費用とを計算してみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。千円くらいの出費があっても、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.