車 個人売買 ミエルカ|もちろん査定料は無料です

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、色々と入力し通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車 個人売買 ミエルカ|クルマを売ってしまうときは

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり売ることができました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットで調べたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、大切に扱う習慣もその理由のようです。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時にはクルマを買いたいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.