車 個人売買 トピック|手続きを進めました

今まで使っていた自動車を乗り換えることになりました。車を買い替えるときにはディーラーさんで下取りをしてもらえばよいと思っていたのですが、ネットを活用する方法もあるらしいと聞きました。それがクルマの買い取りです。

まだやったことの無いことだったので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットで検索しながら、手続きを進めました。まずは口コミの良さそうな査定が一括で申し込めるサイトを決めることにし、査定サイトを調べ、そこで見積もり依頼をしました。そして次に結果を見て、どこで買い取ってもらうかを決めました。

これまで何度か親が自動車を買い替えているのは見ていたので、どれくらいの交渉の後で売却していたのかは判っています。私が使用していたクルマの年式やクルマの状況などから、実はそれほど高く買ってはもらえないと思っていたんですが、現実を知らなさ過ぎました。イメージよりも査定金額になったのです。これが下取りとしたらどれくらいの金額になるか、ディーラーまで行って聞いてきました。その結果なのですが、いくつかの買い取り業者と変わらない額でした。ただそれ以上の金額でも買い取ってくれる業者があったので、迷わず買い取り専門店に引き取ってもらうようにお願いしました。初挑戦のことでしたが、順番に一つずつ作業を進めて行った所、簡単に手続きなどを行う事が出来ました。高額で買い取ってもらうことができた関係で、次に乗る車を買い替える時の出費に充てることができたのでやってみよう行動して良かったです。

車 個人売買 トピック|わずか半年で手放すことになりました

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で手放すことになりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万円で買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く手放すことになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.