車廃車費用|維持管理代もバカにならず

就職も決まったので、両親に自動車をいただきました。大学を卒業してからは、買ってもらった車に乗って毎日の通勤に使用していました。この度転勤が決まり、車をもっていくかどうかで困っていました。

都市部以外であれば車は、必要なものであります。一転交通網の発達している都心部においては、自動車がなくてもさして日常には支障が出る要素はありません。車を所有すると駐車料金や維持管理代もバカにならず、費用的な負担が大きくなりそうなのでこの際に売ることに決めました。

家の近くにある、中古車販売のショップがあったのでそこに車で伺って、見積もりを取って頂きました。結果は予想をはるかに下回る査定額がつけられ、凹んでしまったのでそこでは保留にしておき、他で高く買ってくれるところを調べることにしました。すると比較サイトがある事を知り、すぐに査定をお願いしたのです。車種や走行距離等を入力してボタンを押すと、いくつかの買い取り業者が査定額を出してくれます。一括査定出来るので、手間を大きく節約できるので便利です。こうして調べてみましたが、一番高値をつけてくれた買い取り専門店があったので、そこへ売却する事にしました。実際に査定して売れた金額は大幅な開きがあったので、ネットを活用して本当に助けられました。交渉したので、思っていた以上の高額で引き取ってもらえました。車を売却する際はぜひ、査定サイトを使うことをオススメしますよ。

車廃車費用|そこで良さげな中古を

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。そのため、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.