車ローン 審査 通りやすい|手放す日はいつか来ます

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいですよね。ですが私にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車ローン 審査 通りやすい|使ってもらえるのはいいですね

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。相場よりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。ただそれは海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。私は日本人ですが、日本の車は世界一と思っています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、もしかして海外で活躍するのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.