車ローン 審査 パート|私が使っていた車の走行距離や年式車体の

今使っている車を買い替えようと思いました。私は車を買い替える時はクルマのディーラーに下取りをしてもらうものだと思う以外発想がありませんでしたが、他にも方法があるようだと気が付きました。それが買い取り専門業者でした。

ただ初めての事だったので、どうすれば良いかが分かりません。ネットを使って調べながら、進めていきました。まずは口コミの良さそうな無料の一括査定サイトを見つけだすために、査定サイトを調べ、そこで見積もり依頼をしました。その結果から、実際に来てもらう業者をどうするのか選ぶことになりました。

これまで何度か親が自動車を買い替えているのは見てきたので、相場のどれくらいで引き取ってもらっているのかは知っています。私が使っていた車の走行距離や年式車体の状況や状態から、それほどは高く査定してくれないと思っていたんですが、予測は外されました。想像以上の査定額となっていたからです。

もしも下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーに聞いてみました。その査定額は、クルマ買い取り業者の一部と同じような査定額でした。ただそれ以上の金額でも買ってくれる業者もいましたので、その業者にお願いしました。

初めての事でしたが、一つずつ進めて行けば、私でも簡単に手続きなどをやることができました。思ったよりも高く売ることができたから、次の車に買い替えるときの出費も減ったのでやってみよう行動して良かったです。

車ローン 審査 パート|友人が売っていた

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、半年少々で売却することにしました。職場の近くの中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万が上限とのことです。私は半年前にその車を70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.