車ローン 審査通らない|下取りしてもらおうと思っていましたが

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、思いのほか安かったし、車査定買者とくらべてみても15万円も安い金額になりそうでした。

今までは下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りは止めることにして、車買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

車一括査定サイトで確認してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。8社で査定を受けたのですが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに売却することを考えましたが、このサイトには2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に観てもらうことて、実際に買い取ってもらえる額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり詳細は車によって異なります。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。

査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、サイトで見た査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った金額でしたが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車ローン 審査通らない|日本のクルマは世界で一番と

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取ってもらえました。相場よりもかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、そこにある情報では予想に反して、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気車種が高値で売れるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産車ですが、もしかして海外で使われるのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.