廃車費用 陸運局|当初は76万円の業者1社に

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になっていました。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その価格差に驚いたものです。結局下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に売ることにしたのです。

実際車買い取りサイトなどで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社に売却することを考えましたが、買い取りサイトには少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書いてあったと思います。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、本当の査定額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく確定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、お出でいただいたのです。出張査定の時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらいました。査定の結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者を逆転して、最高額の見積もりを提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の価格でしたが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万まで増額してくれたのです。

廃車費用 陸運局|概算の見積もりを教えてくれます

仕事先が決まったお祝いとして、両親に車を買ってもらいました。大学を出て勤めるようになってからは、買ってもらった車に乗って毎日通勤していたのです。この度転勤が決まり、車も引っ越すかどうかで迷っていました。

地方であれば車は、必須アイテムです。一転交通網の発達している都心部においては、自動車がなくてもさして日常生活に支障が出る要素はありません。車を所有すると駐車料金や維持管理費を考えた場合、費用的な負担が重くなりそうなので思い切って売ることに決めました。

自宅近くにあった、大手買い取り業者さんの店舗があったのでそこを訪ねて、見積もりを取って頂きました。予想していたよりも安い金額がつけられ、凹んでしまったので返答を留保し一旦帰宅した上で、他で高く買ってくれるところを調べました。

ネットを見ると一括査定ができるようで、早速査定してもらう事にしました。車種名やグレード走行距離などを入力し検索すると、複数の業者が表示され概算の見積もりを教えてくれます。一括なので入力は1回すればよく、手間を大幅に節約出来るのも魅力的です。そうして出た結果、一番高値をつけてくれた買い取り専門店があったので、そこへ売却する事にしました。複数業者に出張査定をしてもらってもらった金額とは大きな開きもありましたので、査定比較サイトを活用して本当に助けられました。交渉の甲斐もあって、予想以上の高値で買い取って頂きました。車を売却する際はぜひ、比較サイトを活用してみる事をオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.