廃車費用 科目|それを調べて査定申し込みをしました

これまで使用していた車を買い替える事になりました。私は車を買い替える時はディーラーさんで下取りをしてもらうものだと思っていたのですが、世の中にはその他の方法もあるようだと気が付きました。それが無料の査定比較サイトでした。

初めてのことですから、どうすれば良いかが分かりません。ネットで検索しながら、やっていきました。まずは人気のありそうな査定が一括で申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、それを調べて、査定申し込みをしました。その概算査定結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを家族で相談したのも覚えています。今までにも兄弟がクルマを乗り換えている様子は見ていたので、相場のどれくらいで売却していたのかは判っています。私が使用していた車の年式・走行距離・ボディの状態などから、期待以上に高く見積もりしてくれるワケないと考えていましたが、実際は違っていました。予想以上の査定額となっていたからです。

もしも下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーでも聞いてみました。その査定額は、いくつかの買い取り業者と変わらない額でした。しかし多くはそれ以上の金額で見積もりしてくれるところもあったので、迷わず買い取り専門店にお願いしたのです。

初めてだったけど、順を追ってやっテイクだけで、申し込みも簡単にやれました。思ったよりも高く売ることができた関係で、車を買い替える時の出費に充てることができたので私としては大成功でした。

廃車費用 科目|売却することにしました

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。職場の近くの自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年50万程度も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かります。このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような感じではありませんでした。ですので、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.