廃車費用 場合|売ることになった可能性があったのですから

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放したくなりました。家の近くの車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純に計算すると、6カ月で50万円も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円となり引き取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。その為、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もしも売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと後悔しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

廃車費用 場合|もう一回査定をしてもらったところ

前に乗っていた車は、ボンネットの一部分が白い感じがしました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットの白さが査定金額に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行って目立っている白い部分を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るような商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から新車にしたのかと言わせるほどです。

もう一回査定をしてもらったところ、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、今まで以上にキレイな感じにすることができたのが何よりよかったです。

車買い取りを利用する時は、できるだけボディをきれいに見えるようにしておきましょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスで磨いておくだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定金額のアップと艶出しの為のワックスなどの費用とを計算してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.