事故車 言葉|新車登録から約4年です

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。ですが素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

事故車 言葉|予測は外されました

これまで使用していた車を買い替えようと思いました。自動車の買い替えをする場合は下取りを依頼すればよいと思う以外発想がありませんでしたが、世の中にはその他の方法もあるらしいとこのとき知りました。それが一括査定でした。

まだやったことの無いことだったので、取り掛かりが大変でした。ネットを使って調べながら、進めていきました。まずは評判の良さそうな一括査定のサイトを調べる方が良いと言う事を知ったので、そこを見つけて、そこで見積もり依頼をしました。その概算査定結果を見て、どこの業者に出張を依頼するかを決めることになりました。

これまで親父がクルマを買い替えている姿は見てきたので、どれくらいの交渉の後で売っていたのかは知っていたのです。私が使っていたクルマの年式やクルマの状態を考慮しても、それほどは高く買い取りすることもないと思っていましたが、予測は外されました。思っているよりも遥かに査定金額になったのです。

もしも下取りだったらどれくらいの値段が出されるか、ディーラーでも聞いてみました。その結果は、車買い取り業者の2社とほぼ同じくらいとなりました。しかし多くはそれ以上の金額で見積もりしてくれるところもあったので、その買い取り専門店にお願いする事にしました。

初挑戦のことでしたが、一つずつ進めて行けば、申し込み手続きもやれました。高額で買い取ってもらうことが出来たお陰で、次に乗る車を買い替える時の費用にも充てられたのでやってみよう行動して良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.