事故車 実際|査定してもらったのです

私のいるところはかなりの田舎で、中古車の買い取り専門でやっている業者がないのです。買い取りできるのでは、ディーラーさんか中古車屋さんです。

5年程度使った愛車を手放すときは、面倒だったので近くのディーラーで査定してもらったのです。その査定結果ですが、可愛がって乗ってきた愛車が30万円という査定に愕然としました。

そこで、ネットで見つけた査定サイトで試しに査定してもらうことにしたところ、思っていた以上の高額で買ってもらえました。複数業者の一括査定で査定を出張でしてもらうことになったのが、どちらもネットやテレビCMで名前をよく聞く中古車買い取りの業者さんでした。仕事もあり休めないので、午前と午後に分けて実車査定をしてもらったのです。

午後からの業者さんは元気のある方で、この車種のこの色を探している人がいるので査定も頑張りますとおっしゃいました。査定の結果は40万円と10万も増えましたので、その業者に売却することに即決しました。その方は買う気マンマンだったらしく、大きな輸送用の車で来ていたようでそのまま持っていかれました。

手間がかかると勝手に思い込んでいましたが、地元の業者よりも明らかに手間がかかりませんでした。メリットとしては、手続きなどはみんなやってもらうことができ、その上売却価格も10万円アップし、ネットで査定を依頼してとてもラッキーでした。

事故車 実際|ピカピカにするための

前に乗っていたのは、ボンネットの一部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立ってボロボロの中古車に感じるのです。一応洗車をして査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が見積もり査定額に影響すると聞きました。

カーショップに行ってボンネットの白色を戻せるものはないかなと探していたら、艶を出すことができるアイテムを見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。隣のおじさんには新しく車を買ったのかと言わせるほどです。再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。ボディの色なども特に指摘もありませんでした。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層つややかにする事が出来ました。

クルマの査定を受ける前には、できるだけボディをきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの輝きが気になるときは、ワックスなどを利用して綺麗にすると相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを比較するなどして、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.