事故車 定義|半年で50万円も

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で売ってしまうことになりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、よくて20万が上限とのことです。私は半年前にその車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年で50万円も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で手放すことになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く感じではありませんでした。ですので、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もしも売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

事故車 定義|ならばとカーショップに行って

以前乗っていた車は、ボンネットの一部分が薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立って安っぽい感じの車に感じてしまいます。一応洗車をして査定に持って行った所、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に影響があると言われました。

ならばとカーショップに行って何とかボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、艶を出すことができる商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。友人には新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための無料査定を受けたところ、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、今まで以上に艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの輝きが気になるときは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定金額に影響するかもしれません。査定額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを考えてみて、お得そうだったらやってみましょう。私は1000円の投資で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.