事故車 レッカー|やってくる楽しみも重なる気分でしょう

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

事故車 レッカー|物を大事に扱うといったことも

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で買い取ってくれました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気の車種が高く売れるとあったのです。但しその理由は特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

今回売った車も日本のメーカーですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車を売却する時は、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

日本では、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.