事故車とは|クルマの買い取り査定は

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

事故車とは|予想以上の高値で

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。但しその理由は特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

この日本において、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.