中古車買取 複数|複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと

新モデルの登場と時期を合わせて、買い替えのためにマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、思いのほか安かったし、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になりそうでした。これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して見たところ、その金額差に愕然としました。結局下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に引き取ってもらうことにしました。実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。6つの業者で査定してもらいましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

3社に見積もりを出す理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判るからですね。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高金額を提示してくれました。サイト内では70万を下回る査定額だったのですが、それ以上の業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

中古車買取 複数|今回売却したクルマも

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。ネットで調べてみたところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。それは特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産の車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもと思うと楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、買いと売りがバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.