中古車買取センター|この状態で持っていく

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で買い替えを考えました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。その為、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

中古車買取センター|もちろん査定料は無料です

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。でも素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していって送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.