中古車買取アップル|目視による査定をしてもらうことで

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになっていたのです。今まで買い取り業者とかは利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。それにより下取りはやめる方向とし、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで比較検討したところ、査定額にものすごい差がありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトには2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてあったと思います。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、本当の査定額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。査定に必要な時間は1時間程度と言われたので、休日にまとめて査定を受けることにしました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、最高額の金額を出してきました。ネットでは70万を超えない価格でしたが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

中古車買取アップル|つもりになっていましたが

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。しかしその後、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で売ってしまうことになりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却するはめになったかもと思うと助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車下取り All rights reserved.